BLOG

こんばんは、すーちゃんです٩( ‘ω’ )و
えー、今回は、BLOG含めなにかと必要になってくる「ネタ」の出し方について考えて見ました。
広報の時に何をやっていたか、いまどんな風にBLOGネタ、新規事業になるんじゃない!?みたいなネタを探し出してるかを記事にして見たいと思います!
ネタ探しに煮詰まりすぎて、眉間に皺寄せているそこのあなた。ちょっと休憩がてら読んで見てください( ✌︎’ω’)✌︎

えーと。じゃあ、まずは広報的な視点で見たネタの出し方から…
ここで最初に理解しておくべきことは、「自分1人、1企業のみで出せるネタなど高が知れている…」ということ。
資金調達・新サービスなどの発表になればそれ自体がネタとして使えますが、掲載回数が増えるほどだんだんとサービスなどについての内容を記事として扱ってくれるところは少なくなって来ます。
「だけど、サービス内容をもっと知ってもらいたいから…“サービス内容”に注目した記事を書いて欲しい…」わかります、わかりますm(_ _)m
「だけど、もう何回か取り上げてもらってるから…なかなかうまくいかない…」わかります、わかりますm(_ _)m
そんなときは、1人でどうにかせず、周りを巻き込んでみんなで協力しましょう。
名付けて。

赤信号、みんなで渡れば怖くない作戦


作戦名はなんですが、これってとっても大事にことなんですね。どういうことかというと…
1つのサービスではパンチが足りないなら、何社もまとめて1つの企画などにして、小さくても連続なパンチを記者さんに打ち出すことです。
ここで大事なのは“今、世の中のトレンドや趣向は何に集まっているか”を見極めることです。そして、それに自社サービスをなんとしてでも入り込ませること!
さらに「この新聞社さんは毎月第何週目に「女性」に注目した記事を書いているな…など雑誌や新聞ごとの特徴などがとわかったら、その特徴、ここでは「女性」をまずキーワードにし、そのあと、「働き方」「副業」「行楽シーズン」…などなどその時々で話題になっているものを見極め、「女性が喜ぶ◯◯な企画」など題打って自社サービスと関連ある会社さんと一緒に企画を立ち上げ、新聞社さんに持ち込んだり、メディア関係者様をお招きした発表会などを開催します。
するとすると、「いいじゃん!記事にしてみよう!」となったり「どこどこの部分の情報がまだ足りないな…」などのアドバイスを受けられることもあります。ここから色々と繋がっていくんですよねー。
記者さんたちも忙しい時間の中一気に何社もの情報を得られるので基本的には喜んで話を聞いてくれたりします。自分も他社さんのリリースの打ち方や提案などを聞いていくうちに新しい発見やアイデアが浮かんで来たりします。これこそ、赤信号、みんなで渡れば怖くない作戦の中身です。

そして、これを実行するには人脈作りが鍵となって来ます。日頃から勉強会などに顔をだしていろいろな人とリレーション構築をすることをオススメします٩( ‘ω’ )و
あと、常日頃からの情報収集も鍵です。紙面を読むだけでなく、記者さんとご飯に行って「何か今困っていること(情報不足)なところはありますか?」と直にヒアリングしたりすることです٩( ‘ω’ )و

1人で何かを生み出すことに限界を感じて来たら、周りのみんなを巻き込んで見ましょう!何がどうであれ、結果いい風が吹くはずですm(_ _)m


それでは次に、新規事業などのネタ探しについて考えて見ましょう٩( ‘ω’ )و
私は前職で月に1度「新規事業考案会」みたいなので必ずプレゼンをしなくてはいけない…ということがありました。月1のプレゼンともなるとなかなかネタに困って来ます…。
世の中の企画職、特に新規商品や新規サービスを担当されている方はすごいなと思います。尊敬の眼差しです、はい。そんなことは置いておいて…じゃあ、君はどうやっていたんだねといいますと。(今でもちゃんと会社のために考えてますよ、過去形じゃないですよ)

過去の自分を思い出せ、走馬灯作戦


はい、これまた作戦名がユーモアでいいですね٩( ‘ω’ )وもちろん名付けはすーちゃんですよ。
さてさて、これがどういう意味かと言いますと、まあ、そのまんまなんですが…この瞬間の自分から記憶ある限りの過去までいろいろと「やったこと」「感じたこと」「思ったこと」などを紐解きとにかくメモにおこしていく…という作業です。これがまた大変なんですが(黒歴史に直面…卒業アルバムに「夢は羽を生やすこと」と書いていたのを思い出したり by小学校6年生のすーちゃんより)…大変なんですが、大事な作業です。
「あ、あの時使ってた◯◯ってサービスどうなったんだろう」とか「あ、あの時こう思ってたな…これ解消できるサービスできたかな」とかとかなんとなく出てくるんです。
それを箇条書きでいいのでメモに書きおこして見ます。そしてそこから、今や世界の大先生 Google先生を頼りに気になったことの現状を探って見ます。すると少しづつ「ほう、これはこうなったのか」「お、こんなサービスもある」と発見に至ります。そしてここが大事!!「なーんだ、もうあるんなら無理だー、次だ次ー」と終わらせてしまうこと!!これはやってはいけませんぞ_:(´ཀ`」 ∠):

ここからが作業のやりどころです٩( ‘ω’ )و
既存のサービスがあった場合、それをよーく調べます。もちろん利用してみるのもOKです!これは、そのサービスの「ここが足りないな」って思う部分を探し出す作業となります。
例えば「なんかデザインが古臭いな…ちょっと見にくい…」「あっちのサイトはこれができて、こっちではあれができない」などなど思う節はでてくるはずなのです。んでんで、思ったことも箇条書きします。

そして、ぐちゃぐちゃと書かれたものをまとめるのに「事業計画書」の書き方を参考にまとめ上げていきます。
事業計画書の書き方はネットで探せばいろいろと出て来ますので、それを参考に1つづつまとめていくんです٩( ‘ω’ )و
「市場規模はどのくらいか」「他のサービスとの違いはどこか」「どの部分が売りなのか」「収益はどれくらい見込めるのか」「初期に必要な金額・労力はどれくらいか」などなどなど、「ここもまとめなきゃ!」と箇条書きで深堀できずにいたアイデアの破片たちがどんどん塊になっていきます!

あとはそれらを具体的な数字を用いてプレゼン資料と化し、上司からのツッコミや反応をみます。それから修正や再調査などを繰り返していきます。
「こりゃ本当にダメだあ」となってから、その案はお蔵にしまいましょう。それでも、もしかしたらよいタイミングがくるかもなので案自体はちゃんと取っておきましょうm(_ _)m

過去の「?」から生み出されるものは意外と多いです!過去と今を照らし合わせて見て、生まれてくるネタがあるはずですm(_ _)m


それでは最後に、BLOGのネタ探しについて考えていきましょう!
BLOGは会社の規模などによって書く内容が異なったりすると思います…ので、今回は従業員が20名以下の企業さんのBLOGのネタ探しの仕方をメインに考えたいと思います٩( ‘ω’ )و
そうですね、名付けて。

なんでもありでいいじゃない、開き直りBLOG作戦


小さな企業さんほど、書くことが限られて来ます。だって…「福利厚生について!?そこらと何も変わらないよ!!」「社員インタビュー!?社員いないよ!!」「オフィス公開!?オフィス部屋だよ!!」
なんてことは当たり前。じゃあ、何も書けないか?というとそうでもありません。開き直ってしまえばなんでも書ける!!むしろ小さい会社だから、会社に関係ないこと書いたっていい!!!
「見てもらいたい」という気持ちが大事٩( ‘ω’ )و と、私は思っています。(開き直りが効かない場合はすみません、お堅いネタを探しては無理に自社にこじつつ…)

なので、BLOGのカテゴリーに最初から「Another」とか入れたりして会社とは関係ないことを書いたりします。ここで大事なのは、「更新をする」というアクションにコミットをすることを自分の上司に伝えることm(_ _)m
ただ“書く”だけでは周りに「あの子なにしてんだろ?」とか思われてしまいますので、全然事業に関係なくても記事を見てもらうことで会社を知ってもらったり「BLOGの更新」から得られるメリットをちゃーんと伝えてBLOGの更新をしますと理解してもらいましょう!
それでも適当に書いては更新するだけでは意味がありません。なのでしっかりとタイトルはわかりやすく、内容には写真をつける、とにかく、読んでもらうことを目標にしましょう!
そして大事なのは…最後の締めはちゃんと会社について触れて締めること! 多分、これで大丈夫!!な、はず。です。はい…。
あ、でもやはりトレンドなどはしっかりと知っておいたほうがいいので、ニュースを読んだりして、そこから自分の会社でも関係しそうなことをネタにするのも大事です。

「働き方」などについては未だ注目があるので、小さい会社ほど誰がどんな風に働いているのかわかりやすいのでBLOGのネタにはしやすいですよね?
大きな会社ではなかなかできない面白いこと「お昼はみんなで自炊」とか「月1多忙日お泊まり会で逆にリフレッシュ」とかとか、書き方やタイトルさえ工夫すればそんなにビックニュースではなくても何かしら刺さるかもしれません。 “なぜ、BLOGを更新するのか”というのが大事なところですね。
ネットに流れれば、あとは誰が見てくれるかです。 広報活動としても似た内容のリリースをたくさん書くより、いろんな内容を詰め込んだBLOGからネタ探しにネットサーフィンしていた記者さんから声がかかあるなんてことも全然ありますから!!

目に触れることが大事と考え、日頃の何気ないこともしっかりとした記事にしちゃえば、それはもう立派な「ネタ」に生まれ変わりますm(_ _)m


以上、すーちゃんが考えるいろいろな「ネタの出し方」でした! この記事のまんまアクションしなくても、これを参考に何かしら自分でも気づきを得て「ネタ探し」ができたーーっとなっていただければ嬉しい限りでございますm(_ _)m

最後に!
現在Arrvisでは企画営業職を募集しております٩( ‘ω’ )و
「具体的になにするんですか?」って気になった方はぜひinfoからお問い合わせください!